宣伝したら、その受け皿をきちんと設けること!

2010年11月7日

以前このマーケティング・ブログ
たかがチラシ、されどちらし!」の中で、
スーパーマーケットのチラシとその店舗の対応について特集した
業界紙『食品商業 2010年11月特大号』を取り上げました。

特集の中では、
スーパーマーケットがチラシを発行した際、
チラシで宣伝している特売品を
実店舗の商品売り場でお客様がきちんと判るように、
目立つPOPを立てたり、
店員へ周知徹底することの重要性が説かれています。

それってとても大切なことで、
ほとんどやって当たり前のことのようにも思われます。
(そうは言っても、やって当たり前のことができないのもこの世の常ですが。)


宣伝したら、その受け皿をきちんと設けること!

そうですね。


ところが、そんな当たり前のことを行わないことが当たり前となっている宣伝があります。

何だと思いますか?

答えはインターネットと連動したテレビCMです。

バカのひとつ覚えみたいに、
テレビCMの終わりに「△△△△△で検索」と宣伝する割には、
実際にそのホームページを検索して訪れると、
宣伝している内容を見つけるのにやたら苦労したり、
ただの会社案内の内容しか載っていないホームページだったりします。

期待外れの無駄足。

イメージアップするどころか、
下手なホームページへの誘導は、却ってマイナスになるということを
担当者をはじめ、CMや宣伝に関わっている方々は
判っていないんでしょうね。

もったいない、もったいない!

ラインディング・ページ・オプティマイゼーション(=LPO、誘導先ページ最適化)は、
なにも検索の世界に限った話ではありません。
受け皿をきちんと設けるという点では、
先のチラシの例のように、どんな広告や宣伝にも当てはまります。

さらに言えば、
インターネットの世界が特別な世界であるというわけでもありません。

実店舗と同じように、
お客様のことを第一に考えましょう!
(それがデザインクロスの説く “おもてなし” 発想で作るということです。)

そうすれば、下手なインターネットと連動した広告や宣伝は
もっと少なくなるでしょう。

また、そうあって欲しいものです。


今回、LPOを取り上げたのには理由があります。

実は先日、自分が購読しているメルマガが届きました。

「お客様に選ばれるショップになるためにすべきたった1つのこと」

素晴らしく魅力的なメールタイトルだったので、
読んでみました。

ところが...

メルマガの目次欄にも、メルマガ本文にも、
そのタイトルに直結する内容が掲載されていないではありませんか!
「たった1つのこと」ですから、直ぐに見つかりそうなものです。

メールの発行主の親会社は、
日本人なら知らない人がいないほど有名な大会社です。

同じ発行主から届いた前回のメルマガも
著しくタイトルと本文の内容が乖離していました。

さすがに同じことが2度続くと、
意識的にやっていると判断せざるをえません。

個人的にも結構お世話になっている会社だったこともあり、
なんだかため息がでてきます。

メルマガを開封させることばかりに躍起になって、
結果、お客様をあざむく。

まるで、受け皿が全然なっていない宣伝のようです。

しかも、期待感をあおっているだけ分、
ネットに誘導するテレビCMよりも悪質です。


宣伝したら、その受け皿をきちんと設けること。
受け皿がしっかりしていないなら、宣伝しないこと。

基本中の基本です。


ラベル: , ,



◎この投稿へのリンク:

リンクを作成

▲このページの先頭へ