Webフォームでコンバージョン率を著しく下げる3つの入力項目

2010年10月23日

アメリカのWebマーケティング会社ハブスポットが、40,000人のユーザーのアクセスしたランディングページを分析して、コンバージョンを下げる傾向のあるWebフォームの入力項目を調べ、ワースト3の入力項目を発表しています。

  ▶「3 Form Fields That Kill Landing Page Conversion Rates
   (英語、HubSpot Blog、2010-10-06)

それによると最悪のコンバージョン率となる3つの入力項目は以下の通りです。簡単に言うと、次の入力項目がフォーム中にあった場合、利用者はフォームを送信しなくなる傾向が強くなるということです。

  ・年齢
  ・電話番号
  ・住所
   (住所の入力項目を番地までというように、
    詳細まで求めれば求めるほどコンバージョン率は下がります。)

入力フォーム

原文には調査のやり方などについての詳細な記述がなく、
どんな状況のWebフォームなのかについてはいささか疑問が残ります。

おそらくは、資料請求フォーム(ダウンロード形式)や
お問い合わせフォームのようなものと考えられます。
(間違ってもネットショッピング用フォームではないでしょう。)

曖昧さはあるものの、
結果としてあがった3つの入力項目をみると、
なるほど〜、と思えます。

よく、フォーム入力欄に「年齢」欄があると、
なんでこんなものを入力しなきゃいけないんだろう? 関係ないだろう
って感じる時があります。

まあ、ある意味、懸賞ハガキの年齢欄に
サバを読んで年齢を書く女性が多いのと同じかもしれませんね . . .


ホームページ制作者としての立場から考えると、
案外、フォームの入力項目って深く考えないケースが多いように
思われます。

ただなんとなく入力項目が並び、
どっかの同業者のホームページをパクってるのか?
って思う、そんなフォームによく出くわします。


今回の調査結果をふまえ、
これからの入力フォームは、
「通常の入力フォーム」と「カンタンお問い合わせフォーム」の
二段構えで準備する戦略もありかもしれませんね。
(現在準備中の弊社ホームページにも採用する予定でいます。)

「カンタンお問い合わせフォーム」の入力項目は次の3つだけです。

  ・お名前(任意、ハンドルネームも可)
  ・Eメールアドレス(必須)
  ・お問い合わせ内容(必須)


こんなお問い合わせフォームがあったら
お客様にとっても便利でしょう
(変な問い合わせばかりの場合は、止めればいいだけです。)

実際の生活を考えてみれば、
お店に行き、店員さんにちょっとものを尋ねる時、
自分の名前や住所や年齢、電話番号は告げません。

同様の気軽で手軽なお問い合わせフォームを
ホームページに準備するのもひとつのアイディアだと思います。


考えてみると、
この手軽なお問い合わせフォーム、
何かと似ていると思いませんか?

担当者をおき、業務に取り入れ、
お客様と直接やり取りする Twitter(ツイッター)に似ています。

Twitter(ツイッター)を使ってのお問い合わせって、
まさに実際の店舗でのやりとりとそっくりです。

 「すみません、製品◎◎の緑色ってありますか?」
 「お問い合わせありがとうございます。緑色の製品は出ていません。」
 「そうですか。どうも。」

みたいな。

しかも多くの場合、そうした Twitter(ツイッター)利用で、
販売アップなど成果を上げていると聞きます。

Twitter(ツイッター)担当者を常時おくことができない
会社やお店のホームページには、
「通常のお問い合わせフォーム」に加え、
「カンタンお問い合わせフォーム」を設置してみてはいかがですか。


ラベル: ,



◎この投稿へのリンク:

リンクを作成

▲このページの先頭へ