「Zの法則・Fの法則」を活用して売上アップ

2010年9月14日

雑誌やホームページを見る際、人が無意識に行う視線の動きは、
「Z」や「F」の字をたどると言われています。

この無意識の視線の動きを「Zの法則・Fの法則」と呼びます。

人のもつこの無意識の特性を利用して、
「Z」や「F」の文字線上に一押し商品や目玉商品などを並べて
ネットショップを作ることで、
一押し商品や目玉商品がユーザーの目に留まる確率が高くなり、
クリック率も上がり、
結果、ネットショップの売上が上がります。

この法則自体は真新しいことではなく、
目にしたことのある方も多いと思いますが、
その「Zの法則・Fの法則」を通販サイトのアマゾンに当てはめ、
上手に解説してるウェブページがありましたので、
内容をまとめておきます。
(下記 Amazon.co.jp の画像も同ページからのものとなります。)

  ▶「Amazonもやっている!『Zの法則/Fの法則』とは?


結論をまとめます。

  トップページでは、
  「Zの法則」を意識してページを構成する。

  商品の詳細ページでは、
  「Fの法則」を意識してページを構成する。


「Zの法則」と「Fの法則」の使い分けについて。
一般に人間は、

  写真やイラストなど画像系のコンテンツが多い場合、
  「Zの法則」に沿った目の動きになりやすい。

  読み物系のコンテンツがが多い場合、
  「Fの法則」に沿った目の動きになりやすい。

これに合わせた作りにすることで、
より効果的に商品をアピールできます。


「Zの法則・Fの法則」を巧みに利用している Amazon.co.jp の見本。

【「Zの法則」が当てはまるトップページ】
「Zの法則」が当てはまるアマゾントップページ


【「Fの法則」が当てはまる商品ページ】
「Fの法則」が当てはまるアマゾン商品ページ

ホームページをデザインしたり、制作する際、
とても参考になります。


ラベル: , ,



▲このページの先頭へ