ホームページのデザインって結構大事なんですね。

2010年8月27日

以前、このブログ「テレビCMの最後に流れるお決まりの文句『◯◯◯で検索』で、その企業の広告レベルが判る?」の中で、
テレビCMの内容とそのCMが誘導するウェブサイトの内容が一致していないことの問題点を指摘しました。

テレビCMを観て、興味を持ち、検索を使ってホームページに進む。
ホームページには自分が興味をもった内容がどこにも見当たらない。
期待外れなコンテンツ、無駄にしてしまった時間。
残るのはその企業に対するマイナスイメージ。

お粗末な広告戦略ですね。
(これもある意味、ランディング・ページ・オプティマイゼーションの失敗と言えます。)

さて、先日、日経新聞(8月25日)に「ヒーリングプラザ」の
環境ミュージックCDの宣伝が全面広告で載っていました。

日経新聞の「ヒーリングプラザ」広告

全面グレー基調のなかなか良い感じの雰囲気のある新聞広告です。

興味を持ったので、早速新聞に書かれた検索ワードを使って
ヒーリングプラザのホームページに行きました。

するとどうでしょう。
雰囲気のある新聞広告とは対照的に、
まったくちゃちいデザインのホームページが現れました

ヒーリングプラザのホームページ
(画像を小さくすると少し良く見えてしまいます。実寸はコチラ

一気に興ざめ。

自分の関心は跡形もなく吹っ飛んでしまいました。

実際、幾つかの商品CDが載っていましたが、
ただ、何種類かあるんだ〜、ぐらいに一瞥して終わりました。


ヒーリングプラザのホームページの何がそんなにひどいのか?
(商品についてはどうこう言うつもりは毛頭ありません。
 また、新聞広告を見ることなくホームページを
 訪ねていたら、少し印象は違っていたかもしれません。)

ポイントは2つ。

1.ホームページ全体にこころを癒やすような雰囲気がない。
2.左メニューのボタンにしろ、「送料無料バナー」にしろ、
  色調がちゃち過ぎ。

デザインを改善すれば、売上はもっともっと上がることでしょう。


ちょっと横道に逸れますが、
一度ホームページに対してマイナスイメージをもってしまうと、
他の粗も見えてきてしまいます。

ホームページ内で大きく使っているキャッチコピー

  「あの女優も大臣も愛用!」

これはいただけませんね。
実際ホームページ内の詳細ページを見ても、
女優と大臣が誰を指すかは書いていません。
(この表記だと公正取引委員会から注意されてもおかしくありません。)
つまり、曖昧な「女優と大臣」を持ち出すことで、
かえって胡散臭さを増長してしまっています。

ちなみに、ホームページでは大きく載せているこのキャッチコピー
「あの女優も大臣も愛用!」ですが、
日経新聞の全面広告の中では、ひと言も現れません!
(載せないで、正解です。)


格調高い商品の広告には格調高いデザイン。
やさしい商品の広告にはやさしいデザイン。
子供向け商品の広告には子供向けデザイン。

あたりまえのことが大切なんですよね。


デザインは、商品の “良さ” を引き立て、
商品の販促やブランディングに貢献する重要な要素です。

そのことは、なにもホームページのデザインに限らず、
広告のデザイン全般に当てはまります。

それくらいデザインって大事なんですね。


ラベル: , , ,



▲このページの先頭へ