「過ぎたるは及ばざるが如し」おバカな CNET Japan の MS広告

2010年7月28日

ウェブ関連の情報をチェックすべく、
いつものように CNET Japan のウェブサイト
ブラウザーの「お気に入り(=ブックマーク)」から開く。

ドーン! と
ブラウザー画面いっぱいにマイクロソフト社の広告ページが出現!

おバカな CNET Japan の MS広告


あれ、開くサイトを間違えた???

一瞬クエスチョンマークが頭の中を駆け巡った。

恥ずかしながらプチパニックに陥り、
  「詳しくはこちら>」
をクリック。

?????

再度ブラウザーの「お気に入り(=ブックマーク)」から
CNET Japan のウェブサイトを開こうと試みる。

すると、いつもの見慣れたウェブページが現れた。

何だったんだろう???

中途半端に不可思議で、後味の悪さだけが残る。


その後、同様のマイクロソフト社の広告が現れたことで、
これは CNET Japan の新手の広告だと納得する。
(一日一回、最初に訪れた時に現れる仕組みらしい。)

自分が知る限り、これまでに CNET Japan のサイトで、
こうした広告手法がとられた記憶はない。

こうしたネット広告手法、
昔、まだインターネット黎明期頃にはあったかもしれません。
なんとなくはあったように記憶しています。

ですが、今時こんなお粗末な広告手法を使う会社はありません。

基本、広告は先ず、それが広告であることが解らなければなりません

もちろん境界線ギリギリの広告手法もありますが、
その場合、もっと高度なテクニックを用いる必要があります。
このマイクロソフトの広告のような策のない広告では全くダメです。

しかも、直ぐにこのページをスキップさせないようにと、
右上に小さく「Continue to CNET Japan」としている点など、
姑息としか思えません。

ユーザビリティの面でも、アクセシビリティの面でも最悪です。

正に、金(=公告費)のためならなんでもやる、
そんな新聞社(CNET Japan の運営会社は朝日新聞社)の体質を具現しています。

そのうち朝日新聞の第一面が、全面広告になるかもしれませんね . . .


もう一つ思うことが、
こんな広告を出すマイクロソフト社の広告担当者のレベルの低さです。

下手な広告は、
作り手のみならず、広告依頼主の評価も下げてしまいかねませんから、
ご注意ください!


それにしてもこのおバカ広告、
以前にデザクロブログ「『CNET Japan』が全面リニューアル。リニューアルが常に成功するとは限りません」で指摘したように、
サイト運営会社が朝日新聞社に変わったことが強く影響しているのでしょうね。

本当に新聞社って広告が下手ですよね。
広告が下手だけならまだしも、公告費獲得手段が姑息なんですよ。

「無駄なクリック数稼ぎによる公告費稼ぎ」については
既に同ブログで指摘した通りですが、
その時に書かなかったことをここで付け加えたいと思います。
ちょっと話の内容が変わってしまいますが、
公告費の問題として取り上げることにします。

知っている方は知っているでしょうが、
新聞社が発表する公称の「発行部数」は、
実際には「印刷部数」のことを意味します。

しかも「印刷部数」にはびっくりするくらい高い比率で
「押し紙」が含まれています。

「押し紙」とは、新聞社がその新聞の発行部数を水増しするために、
新聞販売店に押し付ける新聞紙分のことで、
最終的には破棄される新聞紙です。

「発行部数」に占める「押し紙」は、大手3紙で
20%弱から50%強あると言われることもあります。
(結構問題になっていますから、興味のある方は「押し紙」で検索してみてください。)

新聞社が発行部数をあり得ないくらい水増しする一番の理由は、
発行部数により金額が上下する「公告費稼ぎ」です。

これを新聞社の詐欺と指摘する人がいるのは無理のない話です。


今回このおバカな CNET Japan 広告を目の当たりにして、
広告費のためなら、なんでも有りの新聞社の体質を思い出した次第です。

商売は正直に、正々堂々と、邁進したいものですね。


ラベル: ,



◎この投稿へのリンク:

リンクを作成

▲このページの先頭へ