iPad がもたらす変化の危険性

2010年5月28日

Apple iPad

いよいよ日本での iPad の発売が始まりました。
今後数年でインターネットを使ったマーケティングは、
がらっと様変わりするかもしれませんね。

【通販業界】
例えば、「通販生活」(カタログハウス)という通販雑誌があります。
iPad 上で通販雑誌を読みながら、気に入った商品を “ポチッ” とすれば
商品を買えるようになるでしょう。
そうなると通販ショップは今のようなホームページ形式でなく、
雑誌レイアウトのような形式になります。

どちらが主流になるかは、まだ何とも言えませんが。


【出版業界】
書籍に価値があるとすれば、
過去の名作や名著と呼ばれる作品にのみとなるかもしれません。

本の出版には、ある意味特権的な暗黙の価値があります。

本に書かれた内容自体には、実はそれほど潜在的な価値はないと言えます。
作品や著作に対する敬意は、
出版社に認められ、本という形になり、書店に並ぶことによって
はじめて発生するものです。

今現在、有名著名な方はいいでしょう。既に認められている訳ですから。
別に出版社を介さなくも、有名著名な作家は自作を発表し、利益を上げることもできます。(そうなると出版社自体必要なくなります。)

今後、にわか作家が沢山登場してくるでしょう。
表紙をデザインし、本文をPDF化すれば、電子書籍の体裁は整います。
(ありとあらゆる出版物を保管する国立国会図書館は、そうした文書をどう扱うかも気になります。)

他方、そうなると今のウェブ上にあるブログや記事と何が違うのかという境界線すら判りにくくなります。
どんなものでも、個人で書いたものが電子書籍となり得ますから。
(ブログはエッセイ・随筆と同じです。)

このブログのタイトルで “危険性” という言葉を使っているのはそのためです。“本” という意味の再定義も当然必要となるでしょう。

最初のうちは有料だった電子書籍の雑誌は、
いずれ全て無料になると考えられます。
いわゆる雑誌のチラシ化です。
鍵は無料の電子雑誌でどうやってお金を生み出すかです。

雑誌の情報の地位を奪ったのはインターネット上の情報です。
iPadに雑誌の復権を期待する出版業界の希望は残念ながら、
実現しないでしょう。


【印刷業界】
最悪でしょうね。
ホームページ(=パソコンの画面)が最も苦手とするのは、一覧性です。
一画面に沢山の情報を詰め込もうとすると、
文字が小さくなり、視認性が低下してしまいます。
そのため、新聞や大きなチラシ広告のようなものの表示には不向きです。

パソコンと違ってiPadのような情報端末では、
指で自在に画面内のコンテンツを動かしたり、表示サイズを変えられるといった操作性に優れているため、
新聞や大きなチラシ広告の閲覧にもそれなりに対応できます。

いずれ液晶デバイスは折りたたみ(最大9面ぐらい?)ができ、
広げると今のiPadより遙かに大きな表示面積を確保できるようになることでしょう。
そうなれば、印刷した新聞や大きなチラシ広告は必要なくなります。

また、現在市町村などが一軒一軒届けている広報誌も
いずれ各戸にiPadを配布(もしくは貸し出し)して、
ネット配信するようになり、印刷しなくてよくなるでしょう。
(もう少し時間はかかるでしょうが。)


駆け足でiPadのもたらすであろう今後の変化を考えてみました。

とは言え、一番影響を受けそうなのは、
自分たちのようなコンテンツを作る側かもしれませんね。

今、一生懸命Webの勉強をしている人には申し訳ありませんが、
その知識は、まったく役に立たなくなるかもしれませんよ。
残念ながら . . .


ラベル: , ,



▲このページの先頭へ