2010 FIFAワールドカップの会場では、VISAカード以外は使えない!

2010年5月11日

VISAのCM

サッカー南アフリカW杯日本代表23名も決まり、
これからますます盛り上がりをみせる南アフリカワールドカップです。

そんな中、FIFAワールドカップに関連して、
クレジットカードの国際ブランドVISA(米)が日本国内で
テレビCMを流しています。

「2010 FIFAワールドカップの会場で使える唯一のカード」

記憶にある限り、ここ何回ものFIFAワールドカップで、
唯一の公式カードはVISAで、
毎回同じようなキャッチコピーで利用拡大を計っているはずです。
まるで馬鹿の一つ覚えみたいに、です。

これってどうなんでしょうね?

VISAにしろ、FIFAにしろ、
もっと使える公式カードを増やしてくれたほうが、
利用者にとってはずっとありがたい話ではないでしょうか。

VISAが多額のスポンサー費を払って、
独占カードの認定を受け、
利用者拡大を目論もうとするのは分かります。
一企業ですから。

ですが、それによって
クレジットカード利用者の多くにメリットが
発生するわけではありません。

むしろデメリットの方が多いと言えます。

「2010 FIFAワールドカップの会場で使える唯一のカード」

裏を返せば、

「2010 FIFAワールドカップの会場では、VISAカード以外は決して使えません!」

って宣伝していることになります。

とてもお客様のことを考えているとは思えません!

お客様のためを本気で考えるなら、
使えるクレジットカードの種類は多い方が望ましいはず。

不便さを宣伝する大企業の気持ちが判りません。


公式スポンサーになり、
自社商品にFIFAワールドカップのマークを刻印し、
商品の売り上げを伸ばそうとする戦略とは
VISAの戦略は根本的に異なります。


唯一の公式スポンサーだぞ!とかいうことを
あからさまに宣伝するやり方(お客様にメリットがない場合)は、
時代遅れです。

なぜなら、オリンピックにしろただのスポーツ大会にしろ、
人気や話題性が上がれば上がるほど、
余りにも商業主義と結びついて、
私腹を肥やそうとする運営側とそれをサポートする側の思惑が
広く知れ渡ってしまっているからです。


FIFAやVISAの販促戦略は感心しません。

逆に、たくさんの種類のクレジットカードが使えるようにし、
公式カードだと、ワールドカップの会場で購入の際、
5%安く購入できますといったアドバンテージを付ける、
そんな戦略のほうがよっぽと好ましいでしょう!


まるで当たり前のように宣伝する
「2010 FIFAワールドカップの会場で使える唯一のカード」

もうそろそろ、止めにしたらどうですか?


ラベル: , ,



▲このページの先頭へ