EC利用動向調査の結果:携帯電話とパソコンでの購入動向の相違点

2010年4月3日

ドコモ・ドットコムが実施したEC(=eコマース)利用動向調査の結果が公表されていました。通販サイトから購入する際の携帯電話とパソコンでの動向の相違点が掲載(抜粋)されています。

  ▶「携帯電話EC利用動向調査
     (プレスリリース、PDF)


通販商品を購入する際のシチュエーションの比較

【パソコンの場合】
  1位 92.9% 自宅でくつろいでいる時
  2位 20.6% 寝る前
  3位 16.8% テレビをみている時
  3位 11.6% 職場・学校などでの休憩時間中

【携帯電話の場合】
  1位 57.8% 自宅でくつろいでいる時
  2位 36.3% 電車などの移動中
  3位 34.6% 職場・学校などでの休憩時間中
  4位 28.3% 待ち合わせ時などの空いた時間

パソコンでの購入が比較的余裕のある状態下で行われるのに対し、携帯電話での購入は隙間時間に行うことが多いですね。


他にも携帯電話での通販商品購入時に購入を後押しされる販促要素も載っています。(パーセントは「よく買ってしまう」+「買ったことはある」)

  1位 72.1% 特典がある(ポイント・プレゼント付き)
  2位 59.0% あと少しで送料が無料になるという案内
  3位 55.6% レビュー・購入者の声で評判がよかったもの

予想通りの面が多々ありますが、数字でみると説得力が増しますね。


ラベル: , ,



◎この投稿へのリンク:

リンクを作成

▲このページの先頭へ