エコを宣伝に使う時には細心の注意が必用だと思う

2010年4月24日

言うまでもなく今はエコ(=エコロジー、Ecology)の時代です。
その大切さは、実行しているか否かは別にしても、誰もが意識していることには違いありません。


その波はインターネット上のサービスにも及んでいます。
(「グーグル検索1回でおよそ7gの二酸化炭素が排出−米物理学者が指摘」)

先日行われたある会議で Twitter(ツイッター)技術者は次のように発言しています。

「ツイート1回のエネルギー消費量はグーグル検索1回の約10分の1」
(「ツイート1回のエネルギー消費量はグーグル検索1回の約10分の1--Twitter技術者が発言」)

この記事の内容の是非はともかく、とかくこうした議論を耳にすると、
真っ先に思うことがあります。

そもそも、そのサービスは絶対に必要なものなんでしょうか?

と。別に Twitter(ツイッター)が環境問題に有効なサービスだとは思いません。Twitter(ツイッター)が誕生したことで、何かエコに貢献したのだろうか?

そもそも、その議論のほうがより環境問題の根源に関わるような気がするのは、変わり者の自分だけでしょうか?

確かに、どうせならパソコン上のサービスであっても環境に配慮したものであるこが良いに決まっています。

ですが、それを目的の違うサービスと比較するのは、時として自分の首を絞めているようにしか見えない時があります。

Twitter(ツイッター)利用とグーグル検索は、使用目的が異なります。

先日取り上げた「Twitter(ツイッター)についての詳細なアンケート調査結果が公開」からも分かるのは、ツイッターを「ひまつぶし」で使い、「睡眠時間が減った」ということです。(検索にしても同じかもしれませんが。)

更に言えば、Twitter(ツイッター)は夜11時過ぎにはよく “オーバーキャパシティ” と表示され、サービスが利用できなくなります。


サービスをスムーズに提供したいなら、(エコに逆らって)もっとハードウェアやシステムを強化しろっていう話です。


「エコ」は確かに宣伝と販促に役立ちます。

ですが、昨今のやたらと乱発される「エコ」には既にうんざりしています。

これからはなお一層使いどころには細心の注意が必要です。

だって、そもそもその商品やサービスが必要なのか?
無いほうがよっぽどエコに貢献するでしょう、

と、突っ込まれかねませんから。


ラベル: , ,


B級グルメはA級のまちおこし企画か?

2010年4月18日


昨年9月中旬過ぎに秋田県横手市で開催された
第4回B級ご当地グルメの祭典「B−1グランプリ」。

ちょうど東北ローカルのテレビ番組で特集されていたので、
観ていたところ、
主催者側のトップの方がインタビューに応え、
「B−1グランプリ」の地元への経済効果のすごさばかりを力説していました。優勝した地域には何十億もの経済効果だったとか、云々。

そのインタビューばかりではありません。
ローカルニュースで取り上げる時も、
アナウンサーは必ず地元への経済効果について取り上げます。

正直、バカじゃないかと思いましたよ。

「B−1グランプリ」の主催者が、
経済効果を謳ってどうするんしょうね。


おそらく、最初の頃の「B−1グランプリ」に訪れていた方々は、
純粋にB級グルメの味を楽しみ、投票していたと思います。
(「B−1グランプリ」の採点方法は、会場でB級グルメを食し、気に入ったご当地料理に箸を渡して投票するという形になっています。)

次第に認知度が高まり、話題性も上がり、テレビやマスコミで盛んに取り上げられるようになります。

すると、どうでしょう、
高い話題性による宣伝効果や経済効果に注目が集まるようになります。

このご時世です。不況の最中、
「B−1グランプリ」へ足を運んだ地元の方々は、
地元のまちおこしのためにということで、
当然、自分のところのご当地グルメに投票するようになります。
だって、優勝すれば地元がめちゃめちゃ潤うとテレビで宣伝していますから。
第4回「B−1グランプリ」で地元の横手焼きそばが優勝するのは
この不景気を考えれば、当然の成り行きでしょう。


「B−1グランプリ」のような企画は、
その趣旨から言って、
投票に足を運んでくれる方々や国内にその馬鹿馬鹿しさを楽しめる余裕があってこそ成り立つ企画です。

地の利を活かして、自分のまちのご当地グルメを優勝させるのは
造作もないことですから。

この不景気なご時世に、声高に経済効果を謳うことは、
却って「B−1グランプリ」の存在価値を損なう方向へ働きかねません。

どうせなら、
「不況ですが、日本全国の安くて美味しいご当地グルメ、隠れた逸品を楽しんでもらいたいです」くらいの大義名分を貫き通したほうが主催者サイドとしてよほど利口な発言です。


でも、それは無理な話なんでしょうね。

そもそもこの「B−1グランプリ」を運営団体の名称が、
「B級ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会」ですから。。。

大抵こうしたものを発想したり、関わってくるのは、
役所の商業・観光課とか、商工会。

“まちおこし” という発想自体、決して好きではありません。

「B−1グランプリ」が盛んに取り上げられ、
経済効果が宣伝せれ、不況が続けば、
「B−1グランプリ」を開催した地元のB級グルメが優勝するのは、
必死です。(投票システムが同じなら)

それに目立たないからこそ、B級グルメなんです。

そう、企画の性質上、
「B−1グランプリ」はメジャーになればなるほど
その衰退は避けられません。

スポンサーも増え、莫大なお金が絡み、
胡散臭い催しになるでしょう。


「B−1グランプリ」は新しいB級グルメの参加を呼びかけるとともに、
厳しく参加資格を制限しています。

現在も、自治体やら商工会ベースで、
必死に「B−1グランプリ」への参加を試みているケースが多々あると
聞いています。

そもそも、B級グルメって、それを目指すようなものなんでしょうか?

自然に地元で愛され、食べ継がれてきた、
そんな料理ではないのでしょうか。
B級グルメは、目指してそうなるモノではなく、
自然にいつのまにかそうなっている、そんなモノではないでしょうか。

しかも、ただでさえB級グルメの審査会場に行った人が
ひとりで全種類食べ比べてみるのが困難になりつつあるというのに、
これ以上B級グルメが増えたら、
審査することすら更に難しいものとなります。


必死にB級を目指す人達の姿には違和感を禁じえません。
敢えてB級を目指すという行為自体が、
もはや金儲け主義としか見えないですよ。

どうせならA級を目指せばいいのに。
素晴らし食べものを生み出し、キチンと広告して。


金儲け主義という点では、
最近よく取り上げられるようになった「ご当地グルメ」ブームやら、
地元だけ大人気グルメ」企画ににも当てはまります。
公告費ガタ落ちのテレビ放送局にとって格好の金儲けの手段であることは言うまでもありません。


実は、昨年の夏頃でしょうか、
ここ山形県新庄市で、地元商店街活性化のため、
B級グルメの大会を催しました。

もちろん地元商店街のお店の方だって、
このとこころのB級グルメブームや経済効果は知っています。
そこで店主は、
投票のための前売り券を買い占めるという行動に出ました。

新庄市の主催者はそれを知り、
B級グルメの大会の開催を取り止めにしました。

企画自体はパクリなので、評価できませんが、
取り止めにした行動には敬意を払います。


さて、本家「B−1グランプリ」はこれからどう発展して行くでしょうね。
運営の舵取りはとても難しくなるでしょう。

まあ、おおよその今後の展開は予想がつきます。

B級グルメの候補を増やし、
競う地区をブロック化し、東北ブロック、関東ブロックなどに分け、
各ブロックの優勝グルメを集め、
最終的に全国1位のB級グルメを決定する。

これなら、しばらくは企画として発展して行くでしょう。
たとえ企画の中身自体が
とっくに死に体となっていたとしても、です。


ラベル: , ,


テスト投稿

2010年4月17日

テスト。

ラベル: ,


観光地、失う非日常性。ホームページで知的好奇心を刺激しましょう

2010年4月16日

日経流通新聞(=日経MJ、4月14日付)に「観光地、失う非日常性」と題された国内の旅行先に対する消費者心理の調査結果が載っていました。おもしろかったのでご紹介します。

結論から言えば、全国の主な観光地で期待度や満足度に差が見られなく、“非日常性” も失われつつあり、旅情をかき立てる要素は温泉旅館のお風呂ぐらいになり、総じて観光地独特の魅力は薄れてきているとのことです。

日経MJの挙げるポイントは次の3つです。

  1. 国内の旅行先は非日常への期待度より、利便性で選ばれている。
  2. 温泉旅館の風呂はなお非日常的空間だが、多くの観光地は旅情をかきたてる要素欠く。
  3. 自らの旅の視点にこだわる能動型旅行心理を刺激することが観光地の魅力を高める。

今回はこのうち〔3〕について取り上げたいと思います。

能動型旅行心理とは、あらかじめ知識を得て、自分なりの課題や視点を持って旅に臨みたいという積極的な姿勢で、反対に、料理やお土産品、名所・旧跡やお気に入りの宿といった旅行への一般的な興味は受動型旅行心理と呼びます。

さらに年代別の旅行心理をみると、能動型旅行心理は20歳代から年代が上がるのに比例して上がり、対照的に受動型旅行心理は20歳代・30歳代が高く、60歳代がもっとも低くなっています。

この結果から、若い人は話題性とかただおもしろそう、有名だからといった理由で旅行しがちであるのに対し、旅行に一番金銭的に余裕のある年配の人になればなるほど、自分なりの興味に即した旅の目的をもって旅行していることが判ります。

タイムリーな話題、「坂本龍馬」で例を挙げると、若い人は単に話題性だけで坂本龍馬ゆかりの地へ旅行に行きたがり、年配の人は日本の歴史などを調べたり、龍馬関連の書物で関心を高めた上で自分なりの坂本龍馬ゆかりの地を決め、旅行に出かけると言えるでしょう。

こうした旅への能動性や刺激をもたせるための最も簡単な方法は、ホームページでの情報発信することです。

旅館のホームページを覧ると、料理やお風呂の魅力ばかり伝えようとしている内容がほとんどです。

それだけにとどまらず、歴史や土地、人物など、ゆかりのある面やマニアックな話題をホームページを使ってアピールして行けば、きっとより多くの旅行観光客を獲得できるようになります。

発信していない情報は、その情報が存在しないのと同じことです。

なお、情報の見やすさにもこだわりましょう。データが示す通り、旅行に知的好奇心を求めるのはご年配の人のほうが若い人よりずっと多いわけですから。


ラベル: , ,


先の見えない恐怖、ホームページでの失敗2連発。

2010年4月11日

日本のネットショッピングでは、買い物の際、最終段階で購入者の意思を確認するための
「最終確認ページ」=「ご注文内容に間違いありませんか?」が義務づけられています。

(例外的に認められる表記法もあります。詳しくは下記リンク先ページにあるPDFファイル「(別添7)インターネット通販における『意に反して契約の申込みをさせようとする行為』に係るガイドライン」を参照してください。)

特定商取引に関する法律及び割賦販売法の一部を改正する法律について

「最終確認ページ」の無いホームページからの
間違った購入は無効とされます。
いわゆる詐欺サイトが、ワザと閲覧者に間違ってクリックさせて、
あたかも売買契約を結んだかの如く主張する行為に対する
改善策でもあります。

ところで、
これは日本国内に当てはまる法律です。

昨夜、アメリカの Extensoft社からアプリケーションソフトを購入した際そのことを強く思い知らされました。

通販のフォームに入力していき、
最後の確認フォームで間違いを正せばいいや、なんて呑気に考えてフォームを入力し、最下段にある「オーダー」ボタンをクリック!

ここで日本なら当然「最終確認ページ」が表示され . . .

あれ、何も出てこない!

購入が確定され、購入者情報が画面に表示されています。

よく見ると、
なんと、打ち込んだメールアドレスが間違っている!

焦りました。

仕方ないので、英文でメールを書き、送信し、訂正してもらいました。
「訂正しました」という英文のメールが直ぐに届いたからいいものの、
返事が来なかったら、不安のままだったかもしれません。

それにしても、余計な時間を費やしてしまいました。

やっぱり日本の通販サイトのように、
「最終確認ページ」があればよかったのに、と痛感しました。


時を同じくして、
もうひとつアメリカの Google社のサービスでも失敗しました。

グーグルで利用させていただいている無料サービスの
サービス内容変更に伴い、設定を変更する必要がありました。
諸々の設定の変更をする前に、
どんな案配で変更作業を行えばいいのかチェックしようと考え、
軽い気持ちで「開始ボタン」をクリックしました。

てっきりそこで「開始ページ」に進むものと思ったら、
なんと、実際の作業が始まってしまい、さあ大変。
中断も中止もできず、結局、前の状態に戻すことができないハメに陥ることに。

大変な事態を引きをこしてしまいました。

お陰で、いずれやろうと思っていた作業(結構しんどい作業)を、
直ぐにやらなければならなくなってしまったのです。


このケースも、ホームページの「開始ボタン」の近くに、
「一旦作業を開始したら、途中で止めることはできません」とか、
あるいはそのページに、これから行わなければならない作業内容と順序を記述していてさえくえたら、失敗せずに済みました。

(まあ、グーグルが説明不足なのはいつものことです。
 でなければ弊社ホームページ「ウェブサービス活用法」を
 作る必要もなかったことでしょう。)


今回の2つの失敗で、ホームページや通販サイトにおいて、
先が見える、お客様に不安を抱かせないホームページ作りの重要性を
改めて思い知らされることになりました。


ラベル:


これがアップル・サポートの正体!(アップル・サポート担当者は無責任天国!)

2010年4月6日



パソコンなどを販売する会社のサポート担当者の対応が問題なることは少なくないと思います。
昨日、今日とアップル・サポート担当者と電話で接する機会がありました。それもとても長い時間です。
その会話の中で、アップルのサポートセンターの正体を伺い知ることができました。今日はそのことについて書いてみようと思います。
多分、良識ある方ならびっくりする内容です。


最初にアップルのサポートセンターのシステムについて紹介します。

電話によるサポートの場合、アップル・サポートセンターの担当者(以下サポート担当者)は、必ずその場限りの応対となっています。その後同じ案件であっても同一のサポート担当者と電話で話すことは決してありません。

お客様とやりとりはその場で即時にパソコン入力しデータベース化され、
お客様にはその場のやり取りを示す番号(Dから始まる8ケタの数字)を伝えることで終了します。

一応担当者の名前は伝えられますが、アップルに確認したところ、
一度電話したお客様が、後で電話した時にその時の担当者を指名することは不可能とのことです。(ならば名前など名乗る必要ないでしょう!)
更に、やり取りの中で、保留しなければならない状況になったとしても、
後でこちらから同じアップルサポート担当者に電話しますという行為は不可です。
(サポート担当者から後でお客様に電話するというのは有りです。)

お客様とサポート担当者間のやり取りはデータベース化されていますから、次回その件で電話連絡をした時は、そのデータベースを基に別のサポート担当者が案件を引き継ぐ形になります。

電話の案件が修理を依頼するとか、不良品処理といったいわゆる簡単な作業の流れに関係する事柄なら、一連のやり取りだけが問題になる訳ですから、特に問題なくデータベースを基にことは進むことでしょう。

問題はトラブルが発生した際です。

アップルのこの方式だと、トラブルの原因を作ったアップルサポートセンターの担当者は、次の電話相談(=そのトラブルに対すクレーム)に登場することは決してありません

つまり、あるサポート担当者がとんでもない事態をお客様に対してやらかしても、そのお客様のクレームは次の別の担当者へと引き継がれます。

そして、念のためアップルサポートセンターの責任者に確認すると、
「当該担当者を指名はできません。そのとんでもない事態を引き起こした担当者に直接責任者である私が問い正すこともありません」とのこと。
あくまで、データベースに残った記録だけを頼りにお客様への対応を行うというのです。

びっくりして、「(トラブルやミスを犯した)本人にその後の経緯を何も言わないんですか?」と尋ねると、

責任者は、「言いません。

「では、アップルはどうやって業務の改善を行うんですか?」

「パソコンに記録が残ります。」

はあ〜? どうやら、トラブルを起こした本人がそのパソコンのデータベースを読まない限り、そのトラブルを知ることさえない体制みたいです。


いや〜! 素晴らしい無責任主義!

さすがは天下のアップルサポートです。
責任の所在をきっちりさせることもなければ、責任を追及することもない。トラブルやミスを犯した人間にとっては天国です。
自分もそうした無責任でいられる会社で働きたいな〜!

上記の内容は自分に降りかかった出来事から知った事柄ですが、
責任者の口から、トラブルについての出来事を担当者と話すことはないと聞かされた時点で、それ以上アップルサポートの方と話すのは止めにしました。

これ以上こんな無責任システムを採用している会社の人間と話すだけ時間の無駄だと悟ったのです。

考えてみれば、例えばアップルのサポート担当がある事項について、こちらに説明したとします。ところがサポート担当の言っている説明の内容が第三者に関わるので、サポート担当者に対して、あなたの言った説明の真偽を後で確認してご連絡します、とこちらが言ってその場のやり取りを終了したとしても、アップルの場合、次回電話で話す相手はまた別のサポート担当者になります。こんなアホなことってあり得るのでしょうか? 


アップルとの今回の一件の内容はちょっと入り組んでいるので
このブログで詳細に説明することはいたしません。
実は取っ替え引っ換え現れるアップルサポート担当者に毎回口頭で事情を説明し、それを理解してもらうのにも1時間ぐらい掛かかっていまいた。

かいつまんで言いますと、前にブログ「インターネット時代の落とし穴、壊れたパソコンにメールされてもな〜」で少し触れましたが、アップルのサポート担当者の勘違い(=決済トラブル)が、実は単なる勘違いではなく、かなり深刻なエラーだったため本来請求が起きないものに対して、二重の請求が発生し、いわれのない請求を受けるハメになったのです。しかもアップルはそのことを否定。
(クレジットカード利用残高に、ありえない高額があるのは不愉快なものですよ。)

それに対するアップルサポートセンターの担当者の言い分がどうも納得できない面が多々あり、クレジットカード会社に確認してみると、案の定アップルサポート担当者の言っていたことが全部デタラメな話と判明し、さらに事態が悪化するも、デタラメなことを言った担当者とは上述のように連絡がつきません。

アップルの最初のサポート担当者のミスが、次の担当者のミスを呼ぶ形で、結局、5つぐらいの問題が発生する状態まで問題が拡がってしまっていました。

後から出てくるサポート担当者は、とにかくトラブルを引き起こしたミスの弁明にやっきになり、その場しのぎの発言ばかりしてくるので結局突き詰めると矛盾した発言であることが判明するという繰り返し。本当に疲れました。

特に、あまりにもアップル担当者たちのデタラメが多すぎるため、例えば最初のエラーの原因が判明しても、もしその時点でのエラーだったのなら、その後のある段階でアップルの担当者はなぜそのエラーに気づかないでしょうか? という更なる不手際が発生する始末でした。
(まさにアップルにとっては泥沼状態です。)


ちなみに、クレジットカード会社の方も、今回のアップルの二重請求とその解除の経緯に疑問を覚え、今回のアップル担当者名と電話番号を教えて欲しいと伝えてきましたが、アップル側に断られました。それにはさすがにクレジットカード会社の方も呆れて、苦笑いしていました。

「そんな会社あるの?」とアップルに対して不信感をもたれたようでした。


その後の経緯を説明するために、親切にも
クレジットカード会社の方が私に電話をくださいました。

開口一番、「いや〜、なかなかアップルの経理担当に連絡がつかないんですよ。」
その担当者は前向きな方で、今後またアップルが今回のようなトラブルを起こした際、自社のクレジットカードのお客様にきちんと説明できるようにと、今回の一件の調査は続行しますのとこでした。
(さすがです! アップルの無責任どもにも見習って欲しいものです。)

大手クレジット会社ですらクレジットカードの件で連絡すらとれない
アップルサポートって一体どんな体制でお仕事してるんでしょうね。

常々述べていますが、
企業や会社の真価はトラブルを起こした時の対処にあります。
その意味では、アップルサポートは最低ですね。



*********************



アップルサポートセンターは別件でまたまたやらかしてくれます。
今度はアップルサポートセンターの最上位部署の責任者です。
もう本当に関わりたくないんですよね。
アップルサポートセンターの方々とは。

Appleシネマディスプレイの電源アダプターが3度連続の不良品、アップルサポートの対応もまた欠陥品〔2〕


ラベル: ,


EC利用動向調査の結果:携帯電話とパソコンでの購入動向の相違点

2010年4月3日

ドコモ・ドットコムが実施したEC(=eコマース)利用動向調査の結果が公表されていました。通販サイトから購入する際の携帯電話とパソコンでの動向の相違点が掲載(抜粋)されています。

  ▶「携帯電話EC利用動向調査
     (プレスリリース、PDF)


通販商品を購入する際のシチュエーションの比較

【パソコンの場合】
  1位 92.9% 自宅でくつろいでいる時
  2位 20.6% 寝る前
  3位 16.8% テレビをみている時
  3位 11.6% 職場・学校などでの休憩時間中

【携帯電話の場合】
  1位 57.8% 自宅でくつろいでいる時
  2位 36.3% 電車などの移動中
  3位 34.6% 職場・学校などでの休憩時間中
  4位 28.3% 待ち合わせ時などの空いた時間

パソコンでの購入が比較的余裕のある状態下で行われるのに対し、携帯電話での購入は隙間時間に行うことが多いですね。


他にも携帯電話での通販商品購入時に購入を後押しされる販促要素も載っています。(パーセントは「よく買ってしまう」+「買ったことはある」)

  1位 72.1% 特典がある(ポイント・プレゼント付き)
  2位 59.0% あと少しで送料が無料になるという案内
  3位 55.6% レビュー・購入者の声で評判がよかったもの

予想通りの面が多々ありますが、数字でみると説得力が増しますね。


ラベル: , ,


▲このページの先頭へ