皆さんは買い物かごに牛乳パックを立てて入れますか、それとも横にしますか?

2010年3月19日

ひとりでは外出できない母(ハント症候群による平衡感覚障害)の食事の準備のため、しょっちゅう夕方スーパーマーケットに買い物をしに行きます。そこで今日はネットスーパーではなく本物のスーパーをちょっと取り上げたいと思います。
(そのため弊社は就業時間を早めに終わりにさせていただいております。ご不便をおかけしますが改めてよろしくお願いいたします。)

さて先日も買い物をして、買った品をマイバックに詰めていたところ、
テーブルを挟んで同じく買い物の品を詰めている年配のご夫婦の会話が耳に入ってきました。奥さんいわく、

「レジでの買い物の品の扱い方にもはっきりとその人の性格って現れるものですね。」

その会話を耳にして、私は内心「然り!」と思う。

皆さんちゃんと見てるんですね。

スーパーに買い物に行って、お店の方と接する一番の場所は
実はレジです。
レジでの印象がそのお店の印象になると言っても過言ではありません。
にも拘わらず、
その接客は驚くほどバラバラだったりするとは思いませんか。
もちろんいわゆる全国的に名の知れた大手スーパーであってもです。

平気で「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」すら言わない店員も見掛けます。

やたらと買った商品を乱暴に扱う店員、値段を告げたり告げなかったりする店員など、全部上げていたらキリがありません。

反対に、めちゃめちゃ丁寧で素早い方に接すると、感動します!
大袈裟な言い方ではありません。
だって滅多にお目にかかれませんから。

何気なく見ていても、他の店員より1.5倍の処理能力がある感じで、
この人、1.5倍の給料をちゃんと支払ってもらってるんだろうかとさえ感じます。

大切なのはプロ意識

立場がパートさんであれ、アルバイトであれ、
人様からお金をいただいている以上
プロ意識はきちんともっていて欲しいものです。


例えば、スーパーマーケットのレジでお客様の購入した
1リットルの牛乳パックを意識して置ける人が
どれくらいいるでしょう?

買い物の際、1リットルの牛乳パックをどう扱うか
すなわち、1リットルの牛乳パックを立てて買い物かごに入れるか
それとも横にして入れるかは
案外そのお買い物客の独特の傾向と言えるんですね。

ちなみに自分は必ず立てて入れます。
牛乳パックは口の部分が一番接着がゆるく、こぼれる可能性が高いし、
夏場、結露でびっしょり濡れた牛乳パックの上にものを置くと
置いたものまで濡れてしまうからです。それが嫌なんですね。

ですから、レジにもって行って、
立ててある牛乳パックを勝手に横にされて置かれると、
あらら〜、と思っちゃいます。

先程プロ意識と言いました。
この場合のプロ意識とは、
原則、お客様が入れたスタイルと同じように移して入れるのが
最善だと認識・自覚しているかどうかです。

些細なことですが、案外気づいていない人は多いし、
お店側でも徹底して教えないケースがほとんどです。

マーケティングの基礎の基礎、接客の基本です。

極々希に、立ててある牛乳パックを移して入れる際、
「横にして入れてもいいですか?」と確認してくれる店員さんがいます。

そんな言葉を掛けてもらうと、
あぁこの人はよく分かっているな〜!
そんなふうに思えて、
ちょっぴりすがすがしい気持ちになれます。


ラベル:



◎この投稿へのリンク:

リンクを作成

▲このページの先頭へ