「ネットスーパー」はどこまで浸透するか、その現状と展望

2010年2月15日


総合スーパーマーケット大手が運営・展開するネットスーパーの売上が伸びています。

ネットスーパーとは、パソコンや携帯電話など、インターネットを通して注文することで、最寄りのスーパーマーケットの実店舗から商品を配達してもらうサービス。生鮮食料品も含めて、基本的に品揃えや商品価格は実店舗と同じ。(ある意味、出前のサービスみたいなものかも知れませんね。実店舗の商品をお客様に直ぐにお届けするネットサービス、意外に盲点だったりします。)

ネットスーパー利用者増加の社会的背景には、働く主婦が外出を控える「巣ごもり消費」の増加傾向、新型インフルエンザによって外出を控えるようになったこと、そして高齢化社会が進み、外出が困難な方が増加していることなどが上げれらます。

また、ネットスーパーの売上が伸びると同期するように、配達のためのインフラの充実もあげられます。イトーヨーカ堂では、最短で3時間での商品のお届けとなっています。送料はおおむね数百円、一定の金額以上の購入で送料無料のケースも多いです。(但し、最低購入価格が決められているケースも多い。)

これまでのネットスーパー展開の図式としては、イトーヨーカ堂(セブン&アイ HD 傘下)と西友が先行し、後発のジャスコ(イオン)が追い上げる形となっています。

2月14日付の日経新聞によると、イトーヨーカ堂とジャスコ(イオン)のネットスーパーの現在の店舗数と売上高、そして1年後の目標店舗数と売上高見込は次の通りです。

 2010年2月現在2011年2月期目標・見込
イトーヨーカ堂約120店舗
約200億円
約130店舗
約250億円
ジャスコ(イオン)約60店舗
約50億円
約120店舗
約100億円

実際、富士経済調べでは、2009年のネットスーパー全体の食品販売額だけでも、約280億円(前年比25%増)。非食品の日用雑貨を含めると、1〜2年後には500億円規模の市場にまで拡大する公算が大きいとのこと。

ちなみに、2009年度(予測)のネット通販全体(EC)の市場規模が6兆5740億円ですから、食品ネットスーパー全体の市場規模、約280億円は全体の約0.43%となります。個人的には、あと3〜4年もすれば1%に達すると予測します。


ネットスーパーの要となる各社ホームページについても少し触れてみたいと思います。

  ▶西友ネットスーパー(首都圏限定)

大手ということで、主な構成と仕組は3社ともそっくりです。「ネットスーパーのメリット」を挙げ、「会員登録」や「ネットスーパーの事前見学」、「サービスエリア」などの説明が載っています。

中でも、イトーヨーカドーネットスーパーの自社のメリットを説明するキャッチコピーは秀逸です。

 「プロの目」で責任をもって選んだ新鮮な商品が届きます

まさに、消費者がネットスーパーを利用したいと思った時の一番の不安点、「本当に新鮮な生鮮食料品を届けてくれるのかしら?」に対する模範解答のようなキャッチコピーです!

ホームページ上のキャッチコピーで終わらず、実際に新鮮な生鮮食料品をお客様にお届けし、それにお客様が納得し、満足するかどうかがネットスーパーの成否の鍵になりそうですね。


ラベル: , , , ,



▲このページの先頭へ