見やすさは優しさ〈2〉値段の分からない「ふぐ刺し」を食べられますか?

2010年1月22日

去る1月4日、夕飯の食料を買うため
いつものスーパーマーケットへと
足を運ぶ。

お正月ムード真っ只中ということもあり、店内には
帰省客やお祝い用の食べものが沢山並んでいます。

そんな中、ある一品が目にとまった。

豪華な演出の黒い丸型トレイ皿に花びらのように並べられた
白くうっすらと透き通ったお刺身!

オーゥ、そうです、ふぐ刺しです!
ふぐ刺しが入ったトレイ皿が何枚か重ねて売っているではありませんか!

ピク、ピク、ピク。(←食指が反応する音です。)

学生時代の四年間、福岡県に暮らし、
山口県は下関市までふぐ刺しを食べに行ったこともあります。
(ちなみに、福岡や山口ではふぐのことを普通に “ふく” と言います。
 幸福の “福” からきているそうです。)

それに、北九州では冬になるとスーパーマーケットにふぐ刺しが
並んでいることもありました。

いや〜、もみじおろしがたまりませんな〜

なつかしい . . .

そこで、お正月だしと思い、ここは奮発してと、
値段を見る。

…ない…。

商品の周りに値札もなければ、
ふぐ刺しのトレイ皿の上側にも下側にも、
値段を示すシールが張ってありません!

そうか!
ふぐ刺しの皿が、売れないで何枚も重ねてこうしてあるのは
値段を示すものが一切なかったからだったんですね。
値段が分からないから、みんな買うに買えないんですね。。。

スーパーマーケットの店内はお正月ということもあり、
沢山の人でごったがえしています。
店員さんも大忙しです。

…この場は諦めよう…、
不況だし、我慢、ガマンと言い聞かせ、
その場を離れました。


この一件は、極端な例で、
単にお店の人が値札を張り忘れただけのことだったんだと思います。


最近、しばしばスーパーマーケットの食料品売り場の商品で、
値段の表示があり得ないほど小さい場合があります。
商品パッケージの裏に4センチ×3センチぐらいのシールが張ってあり、
小さな文字で書かれた表枠の、その中のひとつの欄に
ちっちゃく価格が表示されているものがあります。
よく見ないと見逃しそうなぐらい小さいです。

とっても見づらいです!

値段がはっきりしなければ、誰も買いません。

見やすさを損なうことで、
せっかくの売上やビジネスチャンスを逃すのは
もったいない話です。


値段表示ばかりではありません。
総じて、表記の文字が小さいです。
説明を読むのにいつも苦労してしまいます。
(ちなみに自分の視力は1.2あります。)

もう少し、見る側の立場になってもの作りしませんか?
見やすくなけば、お客様には伝わりません。

見やすさは優しさです。

そして、見やすさは
商品を買っていただく人への “おもてなし” でもあります。


ラベル: , ,


見やすさは優しさ〈1〉電子レンジの液晶窓の表示について

2010年1月21日

昨日のお昼、実家の電子レンジが完全に逝ってしまった。

ひと月前、突然、こたつと電子レンジを付けると
ブレーカーが落ちるようになった。
それまでは2ついっぺんに使っても別に問題はなかったので、
ずっと不思議でした。
(念のため、電力会社に見てもらっても問題なしとのこと。)

だが、昨日は、ブレーカーが落ちてから直して、
電子レンジの電源プラグをコンセントに差し込んだだけで、
パチっとブレーカーが落ちるようになった。

おそらく電子レンジ内の回線がショートしているのでしょう。
ブレーカーの落ちる理由がはっきりしたので、
まあ、その点では少しほっとしました。

実家で15年も使った電子レンジなので、買い換えることに。

早速鶴岡市内のヤマダ電機に行き、
電子レンジをチェック。

す、すごい . . .

前に見た時よりも、格段にパワーアップし、
デザインもお洒落で、しかも安い。

胸おどらせながら、
あれもいい、これもいい、と精査して、
これにしよう!と決めた時のこと。

ん? まてよ。
この電子レンジの液晶窓、見えやすいか???


そうです。実は15年前の電子レンジの窓は
表示分数が青緑色に発光して、
周りが薄暗くてもはっきりと見えたのです。
(参考までに、こんな感じです。サンプル画像は時計です。)



ですが、今の電子レンジや家電についている液晶は、
もっぱら、
薄緑色の背景に黒っぽい文字を表示する省電力タイプの液晶。
それ自体は発光せず、コントラストで数字を見せるものです。
(参考までに、こんな感じです。サンプル画像は時計です。)



あまり目のよくない、高齢の母にとっては
とてもユーザーフレンドリーな使い勝ってとは言えません。

だって自分の使っている電子レンジも同じタイプの液晶ですが、
少し暗かったりすると、と〜っても見づらいですから。

誰です? 自分には関係ないなんて言ってる方は?
人生はあっという間ですよ!
直ぐに、皆さんも歳を取り、視界が悪くなりますよ〜

電子レンジは、普通にお年寄りの方も使う家電製品ですよね。

見やすくするために液晶部分を低電力タイプのものから、
自発光のものにしても、
使用する時間は限られますから、
総消費電力が大きく変わることもないでしょう。

しかも、既にエプソンやキヤノンのプリンターなどの液晶は、
カラーでめちゃくちゃ見やすくなっています。
しかも2万円もしない製品でです。



早く、5万円前後のミドルクラスの電子レンジなんかにも
採用して欲しいものです。


改めて周りを見直してみると、
電子レンジに限らず、家電製品の表示など、
結構見にくかったりしませんか?
性能ばかりアップしても、
それでは使い勝手がアップしたとは言えませんね。

高齢化社会はもう既に始まっています。
もう少し、見やすい製品を作りませんか。

製品を使う人にとって、見やすさは優しさですから。

そして製品を作る人にとって、
見やすい製品を作ることは、
使っていただく人への “おもてなし” でもあります。


ラベル: , ,


病院は本当に患者さんのことを考えているのだろうか?

2010年1月18日

いや〜グッタリです。
疲れました。

一人で外出できない病の母に付き添って病院に行き、
中待合室に入ったのが11時25分。
(完全紹介制かつ完全予約制)
医師の診療が始まったのは13時45分。
2時間20分待ちです。

健常者のわたくしですら、
さすがに疲労困憊。
向かい側の椅子に座った老女も
時々付き添いの娘さんから勧められ、
姿勢を変えたり、やっとの思いで立ってみたりしています。

検診は10分足らず。
ちょっと話してすぐ終了。
支払った料金は140円。

改めて自分が指摘するまでもなく、
病院の待ち時間は日本全国で問題となっています。
(日経新聞の記事によると、大病院になればなるほど、
患者の待ち時間は増大する傾向があるとのことです。)
そして一方では患者待ち時間短縮問題で成果を上げ、
待ち時間の短縮を実現している病院もあります。

いつも不思議に思っていたのですが、
大病院と言えば、
優秀な人材が揃っているはず。
なのにどうして患者の待ち時間短縮の成果が上がらないんでしょうね?
自分が行った病院も、
医師を含めた職員数は700人以上います。

診療という不規則さから、
時間的な問題は仕方がない面が多々あるのでしょうが、
実際に自分で病院に行ってみると、
とても患者のことを考えていないと分かることが多々あります。

先ず中待合室の長椅子。
長時間座っているとメチャクチャ疲労します。
とても患者が長時間座っていても疲れないようにという配慮のある椅子には思えません。
しかも、一部はパイプ椅子だったります。

付き添い用なのかも知れませんが、
付き添い介護の介護疲れが問題になる今、
あまりにも過酷です。

さらに廊下の幅が狭い。
結構車イスに載った患者さんがいるというのに、
長椅子の患者さんが足を詰めないと通れません。
(一体どんな無能な設計士が病院を設計したんでしょうね?)

また、これだけ新型インフルエンザが問題となっているのに、
廊下の両脇に向かい合って長椅子があり、
マスクをした患者さんが対面して座っている形も気になりました。
(対面しなない座り方がインフルエンザ予防に効果的という結果が既に出ています。)

言うまでもありませんが、
待ち時間のイライラをできるだけ解消するための方策など
一切おこなっていません。


何かが違っています。

病院のパンフレットを読むと、

  第一に、
   「患者さんのために」

と書いてあります。

しかし、
同じパンフレットで宣伝しているのは、
やれ最先端の医療設備だとか、
緊急用ヘリコプターを設備しているとか、
そんなことばっかりです。


もちろん、最先端の医療設備やヘリコプターがあることは
大変結構なことです。

にもかかわらず、何かが、
本質的な何かが間違っているとしか思えないのは自分だけでしょうか?

しかも、
この病院の姿勢、
どこか一般の企業(特にサービス業、飲食業など)や
ホームページにも当てはまります。

企業で言えば、
奇抜なアイディアを売りにして、
基本がしっかりしていないお店、などなど。

ホームページでは、
フラッシュやらライブカメラやら、
目立つことばかりに力を注ぎ、
肝心なことは一切伝えていないホームページ。
かなり沢山あります。

大切なのは常日頃の単純な業務なんですよね。
自分もこのことを改めて肝に銘じなくてはなりません。


最後に少し付け加えますと、
お客様の待ち時間の長さからくるイライラを
少しでも解消しようとする方策は沢山あり、
一般のお店や企業、店舗、ビルなどでは
既に取り入れられ、実践されています。

その元になっているのは、
心理学の成果です。

それって、医学ですよね。

だったら真っ先になぜ病院で取り入れないんでしょうね。


ラベル: , , , ,


「山形ガールズ農場」ですか〜、何もそんなネーミングで売り出さなくても

2010年1月16日



ひと頃、生産者の “顔” が見える農産物ブームがありました。
ある意味生産履歴が判るという点では、
トレーサビリティの一種とも呼べなくもありません。

先日、日経新聞だか日経流通新聞だかを見ていたら、
(すみません、ちょっと記憶が定かではありません。)
農産物を選ぶ際の消費者行動において、
生産者の “顔” が見えるかどうかは、
消費者の購買行動にあまり影響しなくなったと書いてありました。

うすうすは皆さんも感じていたことでしょうけど、
もう生産者の “顔” で売る時代ではないのかもしれません。

にも拘わらず、
“顔” が強烈なら、違った意味で話題にはなります。

昨今の就職難や農業の会社化(企業化)が認められたことも手伝い、
今、農業がブーム。

ブームをオモしろおかしく取り上げたがるのがマスコミやテレビ番組。

「渋谷ギャル米」とか「山形ガールズ農場」のお米が
テレビの番組で取り上げられ、話題になりました。

別に「渋谷のギャル」が栽培したお米を食べたいとは思いません。

わたくしごとですが、
母方の祖父は農家で、いわゆる「庄内米」を作っていました。
(庄内米については「庄内平野のホームページ」でどうぞ。)
山形県酒田市の大きな農家で、十数代は続いていたと思います。
(後になって、二十数代続いていると知りました。訂正します。)
別に目立つこともなく、
苦労しつつも大切にお米を育ててきたと思います。

大半の農家は皆そうした人たちではないでしょうか。

もっと脚光を浴びていいのは、
普通に働いている人たちなのに、って心底思います。

そんなこともあり、
「渋谷ギャル米」がもてはやされるのは、
どうかと思いました。

その「渋谷ギャル米」という東京発信の流行は、
ここ山形にも影響します。
今度は、「山形ガールズ米」です。
なんじゃそりゃー?!
開いた口がしまりません。

ところがよくよく話を聞いてみると、
「山形ガールズ米」ではなく、
「山形ガールズ農場」の "漢方米" というお米でした!
"漢方米" という発想もネーミングも素晴らしいんですね。

間違いなく、"漢方米"という商品は
商品そのものの価値で勝負できるお米です。

「山形ガールズ農場」というネーミングやコンセプトが
流行や奇抜な印象を与えるため、
却って “損” をしているのではないでしょうか?
中身や本質で勝負できるのに、
何もわざわざ “オンナ” を強調しなくてもよそさそうなものです。



ちなみに「渋谷ギャル米」ですが、

自分なら「渋谷ギャル玄米」として売り出しますね。
少し茶色の玄米ととちょい昔流行ったガングロギャルを掛け合わせ、

  精米するとあらウソみたい!
    “真っ白でオイシイお米に大変身”

みたいなコンセプトで。
もちろんお米(玄米)を作るのは普通の農家です。

こっちのアイディアのほうがいいと思いません(笑)?

ぜひ今度また渋谷ギャルにガングロブームが来た際には
やってみてください。


ラベル: , , , , , , ,


フジテレビ「めざましテレビ」が東京銀座に物産館「銀座めざマルシェ」をプロデュースし同番組内で宣伝していくとのことだが . . .

2010年1月15日

人気キャスター、大塚範一さんや高島彩アナウンサーをメインに据えて平日毎朝フジテレビ系で放送されている「めざましテレビ」のプロデュースによる物産館・アンテナショップ「銀座めざマルシェ」(地上13階、地下1階)が2010年1月22日(金)に東京銀座(東京都中央区銀座5丁目3番13号)にオープンします。

巨大物産館「銀座めざマルシェ」では、全国47都道府県ご当地の人気グルメや人気商品・物産を販売し、物産館オープンと同時に、めざましテレビ内の人気コーナー「MOTTO いまドキ」などで、紹介して行くというのだ。


この話を昨年秋に日経新聞の記事で読んだとき、
実はとても違和感を感じました。
それも相当な違和感です。

銀座めざマルシェのオープンまであと一週間と迫り、
その前にこの自分が感じる違和感について書いてみたいと思います。


違和感の原因ははっきりしています。

全国に放送を流し情報を発信・宣伝できる立場にある
テレビ局という巨大放送メディアが
一体どこまで放送局自身で商売=お金儲けに手を出していいのか
という問題です。

テレビ局というのはある種特権的な立場にあります。

  1. 取材を通じて最先端の情報を広く収集し得る

  2. マスメディア(テレビ)を通して沢山の人に情報を発信できる

だからこそ、とてつもない影響力を持つわけです。

つまり今回のめざましテレビの物産館「銀座めざマルシェ」に当てはめるなら、

  1. 東京銀座にある各都道府県の物産館・アンテナショップは、
    この不況の中、売上が好調であるという情報を得る

  2. だったら自分達で物産館を建てて、人気商品を販売し、
    しかも自分達の人気番組で発信・宣伝までやる

ということになります。
正に、成功は保証されたようなものですね。

これまでの、取り上げて紹介する立場から、
積極的に売ろうとする立場への転換です。

容易に想像がつくのは、
その転換が起こった場合、
紹介・発信する商品がテレビ局にとって都合のいい商品、
儲かりそうな商品になるということ。

そうなれば、
純粋な情報発信番組はなく、
情報発信の名を騙るただの通販番組に他なりません。

別の言葉で言えば、
“やらせ情報(紹介)番組” ということになります。

元々多かれ少なかれテレビ局に限らず、
新聞や雑誌などでも行われ、問題にはなっていたのも事実。
(“記事広告” や “タイアップ広告” の問題も含まれるでしょう。)

今回のフジテレビの商売行動は、
本来の使命=情報を発信するという放送業界の使命という枠を超え、
露骨に自社の利益追求に走った感があります

不況による広告収入激減も動機のひとつでしょうが、
経営が不振になったら、
なりふり構わず何をやってもいいのか、という話です。

そのことに対しては、とても違和感を感じると共に、
怖れさえ禁じ得ません。


物産館「銀座めざマルシェ」は全国の人気商品を取り扱うそうです。
その話を持ちかけられた各県の生産者や販売会社が
その商談を蹴るでしょうか?

「テレビで取り上げてくれるんなら」ということで
喜んでフジテレビの話に乗るのではないでしょうか。
(それに断ってメディアを敵にまわすのも怖いでしょうし。)


これまでには、テレビでタダで紹介してもらい、
大儲けした方や会社・企業は少なくありませんでしたが、
これからは中々そういうことは無くなるかもしれません。
なぜならウマイ話には、
テレビ局が介入して利益をピンハネしようとしてくるのですから。

こなるとテレビ局が放送する番組・内容は
全てお金がらみになり、
信頼性もへったくれもありません。

今回のフジテレビの一件、
なんだか、テレビの情報発信でいい思いをしている人や会社の姿を見て、
羨ましくなり、今度は自分達もその利益が欲しくなって、
巧みに利益をせしめようとする悪巧みにしか思えないのは
自分だけでしょうか?


こうした、企業の浅はかなマーケティングは
大きな視点で見れば、
余裕なきマーケティング” 戦略と呼べます。
不況の下、既に多くの企業が陥り、
残念ながら今後も増えて行くことでしょう。

今後もこうした “余裕なきマーケティング” について取り上げ、
問題を提起していきたいと思います。


*********************


後日、早速始まっていました。
さすがはめざましテレビさんです。
やることが素早いですね。


だそうです。
まさに上手い企画です。
金儲けのニオイがプンプンしますね。

弊社ブログで取り上げていますので、
ぜひご覧ください。

めざましテレビ(フジテレビ)さん、「地元だけ大人気グルメ!」ですか、絶対やると思ってましたよ!


ラベル: , , , ,


もうすぐバレンタインデー。「逆チョコ」発想って嫌いじゃないです

2010年1月14日



あと一ヶ月すれば、バレンタインデーですね。
通販でもかき入れ時となるイベントです。
皆さんアイディアを凝らして “もう一品” 戦略に励みましょう!

それはさておき、
森永製菓さん、今年もやるみたいですね「逆チョコ」
去年初めてこの戦略を知った時は、
ウマイ!って思ってブログで一番に紹介しようと思ったのを
記憶しています。

特に単純なところがいい!

パッケージのデザインを反転。
ただそれだけ。

中身は変わらないし、デザイン費も掛からない。
正にアイディア勝負って感じですよね。

さらに今年はちょっぴり進化していて、
「逆ダース<ミルク>」には、
チョコレートに刻印されている「DARS」のロゴを逆転させた
限定商品が7箱に1箱の割合で用意されているとのこと。
そんなちっちゃなことでも話題になるし、
それを手にした人はちょっぴり得した気分になるでしょうから、
ベタな戦略ですが、きらいじゃないです。

そもそもチョコレートを好きな男性に贈ることを
バレンタインデーにかこつけてPRして
1960年(昭和35年)に売り出したのが、
森永製菓株式会社さんなわけで、
森永製菓さんは日本におけるバレンタイン行事の
生みの親とも呼ぶべき存在です。

ただ、なかなか逆チョコに便乗する
製品が出てこないというのと、
何せ逆チョコ自体の金額が安すぎるのが気になります。
もともと見栄っ張りな男性が、
そんな安いものを贈るかって話です。

高いチョコならいいのか?
それも違っています。
男性から女性に贈るだけでは芸がないんですよね〜。
“逆” を感じられる “何か” が必要不可欠なわけですから。


ラベル: , , , ,


何のための表記か判らない表記はかえって逆効果 〜ニトリのテレビCMを例に

2010年1月12日


昨年末(株)ニトリ(東証1部9843:全国にショップ展開。家具&インテリアショップ)のテレビCMを見ていると、画面右上にずっとフリーダイヤルの番号が大きな文字で載っていた。

そのテレビCMを一番最初に見た時、
何だろうこのフリーダイヤルの番号は?
と思いつつ、見続けていた。

CMはあっという間に終了。
が、あのフリーダイヤルの説明はとうとう最後まで出てこない。。。

結局あのフリーダイヤルはなんだろう?
そんな解せない疑問とすっきりしない後味の悪い余韻が残った。

ニトリは言わずと知れた家具販売の全国チェーン店。
テレビCMの商品がもし気になったとしても、
フリーダイヤルで問い合わせをしたいとは思わない。
それだったら、お店に直に足を運ぶまで。

フリーダイヤルに電話すると購入できるんだろうか?
でも、テレビCM中、
「ご購入はこちらのフリーダイヤルまで」
というテレビショッピング的な表記はない。

それとも単に、お客様相談窓口?(自分の知らないところでニトリが不祥事を起こしていて)とも思った。

フリーダイヤルの番号ではなく、
ホームページのアドレスを載せていたのならまだわかる。
ウェブサイトを訪問すれば、
商品の詳しい説明が載っているんだろうなっていうことは
容易に想像つきますから。


そのも後ずうっと頭の中にひっかかり、
考えていましたが、
結局、あのフリーダイヤルの表記が
何のための表記なのかは判らなかった。


今回このブログ投稿に際し、
インターネットでそのフリーダイヤの番号を検索して調べてみました。
どうやら商品の購入・相談・問い合わせのためのフリーダイヤルだと判明。

だったらフリーダイヤルの上に、
「商品のご購入の相談や商品に関するお問い合わせはこちらまで」
ぐらいの記述は当然しなければいけません。

自分が理解できない意味不明なものに触れたとき、
一般に人は不安と苛立を感じます。

伝える側の立場の人にしてみれば当然普通のことでも、
受け取る側の人にとって
それが当然普通のことであると考えるとは限りません。
ウェブサイト制作に長年関わっていても、
意外なほど、伝わっていなかったりすることを以前よく体験しました。
(最近は、基本 “伝わらないことを前提に作成しています” から
 そのようなトラブルはほとんどなくなりました。)
きちんとお客様目線に立った広告作りをしたいものですね。


余談になりますが、
このブログのために「ニトリ」という検索キーワードで検索してみると、
この冒頭でも引用していますが、次のような説明文がありました。
(その説明文のことを検索の専門用語では “スニペット” と呼びます。)


  ニトリ
  東証1部9843:全国にショップ展開。家具&インテリアショップの
  ニトリです。
  www.nitori.co.jp/

ぱっと目にした時、「東証1部9843:」を
「東証1部上場企業、全国9843店舗ある…」
と解釈しました。
時間が少し経つにつれ、9843店舗もあるわけないと冷静になり、
調べると「9843」というのは「株における銘柄番号」だったんですね。
多くの一般の人が最初に目にする会社の説明文に、
それって必要なんでしょうかね〜?

そんなところにも、一企業の広告に対する姿勢を感じ取ってしまうのは、
わたしだけでしょうか。

(「お、ねだん以上。 ニトリ♪」のキャッチコピー広告は抜群に素晴らしいんですけどね。)





ラベル: , , , , ,


▲このページの先頭へ