ボジョレー・ヌーヴォー解禁! ルネッサ〜ンス!(古!)

2009年11月19日

毎年11月の第3木曜日は
待ちに待った
ボジョレー・ヌーヴォー(Beaujolais nouveau)解禁の日。
ブームは去ってしまったとはいえ、
アルコール好きには、
こころワクワクな一日です!

今日のニュースでもボジョレー・ヌーヴォー解禁の話題を
取り上げていました。

「今年のボジョレー・ヌーヴォーは出来が良く、
  50年に一度、いや100年に一度の傑作!!」

だそうです。(ヤッター!)


って、それって誰が言ってるだろう?
一体誰が決めてるんだ?

50年に一度の傑作???

う〜ん、ボジョレー・ヌーヴォーと言えば、
その名が示すように「新酒」なはず。
もし50年前のボジョレー・ヌーヴォーが現存したとしても、
既に新酒ではないから、比較のしようはない。

だとすると、誰が決めたんだ?

50年前、二十歳だった若者が、
毎年毎年ボジョレー・ヌーヴォーを飲み続け、
七十歳になった今日まで、昔の味を記憶していたんだろうか?

あり得ません!


せめて、10年に一度、
せいぜい20年に一度にしてください。

おっと、これじゃ毎年の宣伝のキャッチコピーと一緒?

毎年のように、10年に一度、20年に一度の品質の良さ、などと
宣伝してるから、本当に良いワインができた時、
さらに強調すべく、50年に一度な〜んて言うハメになるんでね〜。
(ちょっと笑えます。)

大袈裟な宣伝は、ほどほどに。


ラベル: , ,



◎この投稿へのリンク:

リンクを作成

▲このページの先頭へ