うにの貝焼き〜「数字」で商売繁盛を演出する

2009年9月13日




毎週土曜日、お昼には決まってテレビを観る。
東北6県に放映される「ひるまにあん」という1時間のローカル番組です。
番組冒頭、その日の視聴者プレゼントが紹介されるのですが、
その紹介コメントが実に興味深い。

「年間何万個売れた人気商品の…」、
「一ヶ月に2千個売り上げ、2008年△△部門第一位のスイーツ…」
と言った具合に、紹介文には必ず「数字」が入る。

ちなみに、これらはすべてインターネット通販で知られる楽天市場内にある東北地方のショップからのプレゼントです。

マーケティングに関心のない人は、
「数字」+「人気の」とか、「第一位の」などと聞くと
そんなに売れているのか!って普通に思うことでしょう。

ところが自分は商売柄なのか、
「数字」を聞くとつい総売上高をはじき出してみたりする。
...まあ、まあまあってところかな〜。
少なくとも、スゴイ!っていう金額でもない。

「数字」に「プラスの意味をもつ修飾語(人気の、第一位の)」をつけるというのは、いかにも大盛況だと見せる演出としては定番中の定番です。

正に楽天市場さんが最も得意とする手法です。
(もちろん楽天市場さんには、△△部門とやらが山ほどあることは言うまでもありません。)


と、昨日も放送を観ていたら、いつになくちょっと笑えた。

「累計1万個を売り上げた、人気の…」

る、る、る、る・い・け・い ですと〜!!

もうこうなると、何でもありです。
そこまでして数字を入れるか〜!

ちなみに、商品は貝殻の上にウニ乗った海産物でしたが、
(「うにの貝焼き」いや〜確かに贅沢で、美味しそうです!)
何個セットということもなく紹介していましたから、
多分、1個というのはそのウニの乗った貝殻1個を指すのでしょう。
さて、
それが1回の購入で5個平均売れるとすると、
延べ累計でこれまでに2,000人しか買っていないことになります。
更に、もしそのお店の店舗展開期間が5年間だとすると、
1年間には400人しか買っていないことになります。
(調べてみると2004年に楽天に出店、1パック5個での販売。)

それって、多いのか?

いや、もし驚くほど売れているとしたら、
何も敢えて「累計」として数字を言うことはなかったでしょう。


何も楽天市場さんだけに限った話ではありません。

餃子の王将さんも「1日130万個作る」とテレビで自己申告していました。
(テレビ朝日|シルシルミシル、2009年7月22日放送)
これも、餃子を一人6個食べるとすれば、21万人分となります。
(この数字は、これでも多い気がします、正直。)


できるだけ多い「数字」で攻める!
そのためには、累計も使う。

感心するのは、そのしたたかで貪欲な商魂です。
そのしたたかな商魂、皆さんはどう思われますか?


皆さんも、利用できる「数字」があるようでしたら、是非
「数字」+「プラスの意味をもつ修飾語(人気の、第一位の)」で商売繁盛を演出して、
更なる売上アップを狙ってみてはいかがですか。


くれぐれも、嘘はなしですよ。
念のため。


*********************


後日、「累計1万個を売り上げた」と同じ意味をもつ別の表現を見つけましたので、追記します。

「販売実績1万個突破!」

こっちの表現の方が「累計」という、いかにも積み上げた数字ですといった印象がなく、勢いは感じます。


ラベル: , , ,



◎この投稿へのリンク:

リンクを作成

▲このページの先頭へ